| main |
2012.02.18 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.02.18 Saturday

    ゆるスキャDX 内容

    0

      ゆるスキャDX 

      ゆるスキャDX



      下記より購入すると最大12000円還元されます!
      ゆるスキャDX 情報商材レビュー買取




      トレードをしていて、一番気を付けなければならないのは、それまで有効だったロジックを一瞬で無効化してしまう突発的な値動きです。

      指標発表時はトレードを避けた方がよいというのは良く耳にする事ですが、その他にもテロやデフォルト危機のニュース等で、前ぶれ無く急にレートが跳ね上がったりする事があります。

      『ゆるスキャDX』では、こういった突発的な動きをしている時に、
      サインを発生させないように“スプレッドフィルター機能”を搭載しています。

      これは、急激な値動きの時に、スプレッドが大きく開くという修正を利用したもので、
      平常時よりも大きなスプレッドを感知した際に、サイン発生を停止するという機能になります。

      致命的な損失を避けるために必須の機能と言えるでしょう。

      『ゆるスキャDX』は、ユーザー様が日々安心してトレード頂けるという事にも、
      最善の注意を払って開発されたインジケーターなのです。

       

      これは、いろいろカスタマイズしたいという中〜上級者向けの機能となりますが、『ゆるスキャDX』ではパラメーターを調整する事で、初期設定からサイン発生頻度をカスタマイズする事が可能です。

      設定も非常に簡単で、1(敏感)〜3(鈍感)の3段階設定で簡単に設定する事ができます。

      また、設定を切り返ることで、過去のサインも一括して再描画されますので、
      その有効性を目視で確認する事も可能です。


      この『ゆるスキャDX』は、前作『ゆるスキャFX』のバージョンアップ版となります。

      スキャルピング手法


      ここまでお話してきた中である程度はご理解頂いているかもしれませんが、
      改めて何が変わったのか?

      その違いを纏めておこうと思います。

      ゆるスキャDX ゆるスキャDX ゆるスキャDX ゆるスキャDX

       

      まずは、変わっていない部分からお話したいと思いますが、これはズバリ「1分足逆張りスキャルピング」の基本ロジックそのものです。

      先程も、ゆるスキャFXのユーザー様からのお声をご紹介させていただきましたが、
      このロジックは今までに手にして頂いた方の多くに結果をもたらしてきた非常に優秀なものです。

      今回のバージョンアップについても、基本的にロジックに変更は有りません。
      逆にここは、既に実績あるロジックであることから安心してお使い頂ける点だと確信しております。

      では次に、「ゆるスキャDX」で追加された機能等を纏めてご説明させていただきます。

      ゆるスキャDX

       


      前作「ゆるスキャFX」ではチャートを閉じてしまうと、サインが消える仕様となっていましたが、『ゆるスキャDX』ではチャートを閉じたり、時間足を切り替えて戻した時等でも過去のサインが表示されるようになりました。

      (※過去分のサイン表示はローソク足の終値をベースに計算して表示しているため、リアルタイムでのサイン表示と多少の誤差が御座います。ご了承下さい。)

      自動売買のようなバックテストは出来ませんが、目視で過去相場の検証も可能です。
       
       
      『ゆるスキャDX』では東京時間、欧州時間、米国時間それぞれの特性を考慮し最適化した3つのインジケーターをセットにさせて頂いておりますので、今まではトレード対象から外していた欧州時間等でも有効なサインが発生します。

      ゆるスキャDX FXバカ息子監修ゆるスキャDX

      つまり、「ゆるスキャFX」に比べ、飛躍的にトレードチャンスが増えたと言う事になりますし、欧州時間(15時〜21時頃)しかトレードに時間が取れなかった方でもお使い頂けるインジケーターとなっています。

      ゆるスキャDX

      どの取引時間でも有効なサインが発生する事で、貴方のライフスタイルに合わせたトレードが可能になったのです。

      後の追加機能は、既に述べているものもありますので、以下に纏めて箇条書きにして
      おきます。

       

      2012.02.18 Saturday

      スポンサーサイト

      0